コードギアス ユーフェミア・リ・ブリタニア あの忘れられないシーンがフィギュア化に

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、アラオです!

コードギアスの、あの名シーンが遂にフィギュア化に。

【概要】
・コードギアス 反逆のルルーシュ「ユーフェミア・リ・ブリタニア 血染めVer.」
・16,800円(税抜)
・メーカー:ユニオンクリエイティブ
・ノンスケール
・2019年12月発売予定

【ARAO的アピールポイント】
日本人を名乗るみなさん お願いがあります

コードギアス、僕はリアルタイムで放映されていた時にちょうど中高生だったのでどハマりしてました!

でも、それにしてもあのシーンはね…
どうしてこんなシーンを作っちゃったんだろうCLAMP…とかめっちゃ恨んだ記憶があります。

…まあ、あのシーンで、ギアスの力の理不尽さを改めて思い知ったし、うまくいきかけた計画が頓挫して次のステージへ…というストーリー展開上仕方のない、大人の事情的なものもあったかと思います。

それでも、嫌でしたね。
日本を・平和を愛するユフィが、日本の民を自ら虐殺する瞬間は。





そんなユフィが、遂にユニオンクリエイティブさんからフィギュア化となりました!


今回、ユニオンクリエイティブさんからは2種類のユフィが発売となります。

一つは普通のユフィ。そしてもう一つがこの、血染めのユフィです。

血染めのユフィには、その右手に拳銃が握られています。

そして目を見てみると、絶対服従のギアスにかかってるんですね。
…ああ、悲しい。

この残酷なシーンをフィギュア化するユニオンさん、なかなか良い意味で度胸があると思うのは僕だけでしょうか?

でね、脱線するんですが面白い一文を見つけちゃいました。




「2019年10月以降の発売なので、消費税10%となります」




くそ、忘れてたわwwwwww