Appleが月額制ゲームやり放題という快楽地獄を始めるらしい【Apple Arcade】

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

米アップル社は今年の秋頃に同社の新しいサービス「Apple Arcade」をスタートすると発表した。
Apple ArcadeはiOS・mac OS、Apple TVに対応し、月額10ドルで遊びたい放題なんだとか。
10ドルということは…日本円で約1100円くらい?(本日は110円 / 1ドルでした)
日本もサービス対象国なのでしょうか?
対象であってほしい。
こんなにアップル製品を身分関係なしにもってる国なんてそうそうないんだからさ。
この間おばあちゃんがi phoneもってるの見たし。
アップル国家ということで、是非ともサービス展開してくだいさ(懇願)
対象のゲームは同サービスのリリースに合わせて開発される、新作かつオリジナル。
様々な企業がApple Arcadeに参加予定で、みんなお馴染みのセガ、コナミ、そしてFFシリーズで有名な坂口伸夫氏もゲームをリリースする予定だということ。
今公開されているのは十数タイトルですが、サービス開始までに100以上のゲームを揃えたいと計画しているそうです。
ゲームは海外っぽい造りのものが多いように見受けられました。
坂口氏の手がける「Fantasian」は、流石というかやはりというか、「ファイナルファンタジーっぽい!」笑
3D構成で、やはり剣と魔法の世界観なのでしょうか。魔導師っぽい女の子がかわいいですね…

Unknown.jpeg

そんでもって、嘘か誠かはわかりませんが、現実世界の風景をゲーム内にインポートし、それに沿ったフィールドを作ることができるのだとか。

なんだろう、それ。
想像できないんだが。
坂口氏も「結局どれくらいのセットを作ったらいいのかわからなくて、恐ろしい」と語ってるそうです。
JRPGで育ってきた僕としては、一度Fantasianをやってみたいもの!
一番興味があるゲームは上記のFantasianなのですが、その他にもゼルダの伝説を彷彿とさせるようなRPG、ストラテジーゲーム、そしてソニックレーシングまで様々。
今後どんなゲームが追加発表されるんでしょうか?
楽しみですよね!
ただ、Apple Arcadeはダウンロード型のサービス。
グーグル、ソニー、マイクロソフトがクラウド上でゲームデータを保存しようと企んでいる中、一社独立路線を貫こうとしていますね。
僕あんまりITに強くないので、クラウドとかダウンロードとか単語は知っていても、それぞれの特徴とか違いはわからないです…
ただ、スペックによって左右されるダウンロードより、クラウドの方がユーザーに優しいのかな、という感じはします。
最近思うのですが、この手の月額課金サービスって最近多くないですか?
Apple Arcadeも然り。Net Flixとかi Tune musicとかKindle unlimitedとかもそうですが、月額課金するとそのサービスにあるもの全部使いたい放題。
昔はよく回数制限とか設けられてたりするものもありましたが、最近のものは本当にゲロ吐くくらい使いまくっても1000円とかで済むので、本当、なんだか怖いです。
生み手に失礼じゃない?と思いつつも、
あんまりにも便利でやめられない愚かな僕です。
そんな廃人への道を誘う使者に、ゲームを司る神も増えるとは。
快楽地獄もいいところですわ。
ふひひ。