『異世界おじさん』読んでみた。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

おじさん、頼むからそのポジション譲って。
いや、やっぱりいいわ。
『17歳の時にトラックにはねられて17年間昏睡状態だった叔父が目覚めた-頭がおかしくなっていた』(本作引用)
これは、交通事故に遭ってしまった「おじさん」が、17年間の昏睡状態から回復した後のお話。何故かおじさんは眠っている間異世界にいて、そして何故か魔法の能力を携えて現実世界に戻ってきてしまった。そして、同居人の甥とYouTuberになろうとする。
一巻は、おじさんが異世界でどんな体験をしたのか、の話が多かった。
タイトルの「異世界」というものだけを見て買ってしまったこのマンガを読んで、軽く後悔した。
話が破茶滅茶すぎるのだ。
だって、そこには確かにぼく達が夢見ていた異世界への転生があって、強い主人公と美少女キャラがいて、萌え展開があるのに、全然自分の知ってる“異世界物語”がないのだ。
そもそも、なんで僕らが異世界モノに憧れるかっていうと、それは多分これまで触れてきたRPGの世界に没入できるからだと思う。
剣と魔法があって、現世にはいない生き物が平然といて、イベントがあって、全く違う摂理で物事が動いていて…。普段周りにないものって魅力的じゃないですか。そして、「異世界に行ったら今の自分の立ち位置は一回リセットされて、新しい自分を築くことができる。自分もワンチャン新しい人生を…」と思える。だから、異世界ものっていうジャンルは今もすごく人気なんだろうなって思うのだが…
おじさんは残念ながら異世界ものには全く興味がなかったようで、ついで言うと他人に対する関心が全くないようで、ぼく達が胸を熱くする展開が来ようが、wktk(死語)する展開が来ようが、いつもその期待をサラリと受け流す。
その姿、まさに石川五右衛門のよう。
ではなく。
おじさんがとんでもなくコミュ障で、かつ自分のこと以外全部盲目ってだけなんだけども。
顔を赤らめてちょっと涙目で接する美少女も、おじさんの歯牙にはかからない。
おじさんの”魔法使い”って設定は、二重の意味合いなんじゃないか、作者の遊びではないか、と真剣に考えてしまった、リアル魔法使いと、童貞の果てになれる”MAHO-TSUKAI”の意味を持ち合わせているのではないか。
だとしたらとても面白い。
そして同時に、ぼく達が抱くフラグもへし折られてしまいかねない。
「異世界に転生したら、今はこんな日陰な人生だけども、カッコいい勇者になって、可愛い子に囲まれて、楽しい人生を送れるに違いない」
それも、日頃の行いの延長線上ということだ。
ソードアートオンラインのキリトがバーチャルの世界でちやほやされたのも、現実世界の彼の性格があったからこそ。イケメンは、どこに行ってもイケメン。その逆も然り。そもそも、自分が知っているセオリー通りに人が動かなかったらコミュニケーションもへったくれも、そもそもないのだから。
こんなの初めから負け戦じゃないか。
妄想は、妄想のままでいた方が幸せなのかもしれない。読了後、そう思ってしまった。
兎にも角にも、『異世界おじさん』この本は是非一度読んでみて欲しい。そして、是非淡い期待をへし折られてみて欲しい。そして、まっさらな気持ちでまた異世界モノを読んでみて欲しい。
きっと傷口に塩を塗りたくられている気持ちがするだろう。

異世界おじさん 1 [ 殆ど死んでいる ]

価格:648円
(2019/1/25 01:26時点)
感想(4件)