フィギュアってロマン詰まってる

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも、アラオでした。アラオです。
今回は、いつもと違ってフィギュアについて書いていきたいと思います。

いつもは、フィギュア情報だったり、自分が予約したフィギュアの話だったり、はたまた日常的な話・アニメの話・ゲームの話……とかとかしてますけど

最近、フィギュアを開封してみたり、動画(まだ2本だけど)撮ってみたりしてみるとさ、楽しいんですよね。
箱鑑賞の男で有名な僕ですが、実際に開けてみるとそこにはまた別の良さがあることに気づきましたよ。

箱→ブリスター越しに観るフィギュアは、光の反射のせいもあり、本来の美しさを発揮できず僕の視覚へと情報伝達されます。
それでは十分に良さが発揮されませんよね?

だから意を決して開封するとね……
フィギュアが輝いて見えたよ!マジレス

この辺は自分で撮影したんだけども、上のフレデリカとか自信作で(素人です)正直何度も撮影とかしてましたわw

詩羽先輩も何枚も撮ったけれど背景のせいか、自分が下手なせいか(後者でしょJK)いい写真が撮れなかったよ。

何が言いたいかというと……
開封にも良さはあるのだな!と思ったよ

撮影していくうちに、いいアングルや、小物の配置とかも気にし始めたりで、楽しかったんだよねえー

すぐにはできないことだけれど、撮影の時には背景とかを自分で作ったりしてみたいね、いつになるかわからないけれどw

フィギュアっていうスケールの作品でも、撮り手や、背景や、小道具などが合わさって今よりもいい画が撮れるはずだよね
そもそも、開封してあげないと原型師さん泣いちゃうよね
フィギュアにも申し訳ないし……
全てを開封はしないかもだけど、撮りたい!って思えるものに出会えたら撮影していこうと思いました。

フィギュアで作る世界観を画に収めるのはロマンがあるね。

そんなお話でした。。。

以上、アラオでした。